読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢ソムリエ

引き寄せの法則を使った夢の叶え方、日々思ったことなどを書いています。お役に立てばうれしいです!

信じるより心に響く言葉

f:id:yume-somurie:20161016001257j:plain

 

以前、「信じる」について友人と語ったことがあった。

 

信じる者は救われるという言葉もあるが、

 

私が「人のことは信じない。」と言ったら、

 

「そんなのはダメだ!」とすごい勢いで返されたことがあった。

 

それから、延々と信じるについて論じることになった。

 

私が人のことは信じない。

 

と思っていたのは、

 

信じるとか信じないにこだわっていなかったから。

 

よく、信じていたのに裏切られた、信じていたのにあんな人だとは思ってもいなかった。

 

などのセリフを聞くことがあるけど、信じていなければ、そのようなことが浮かぶことはない。

 

そららのセリフって、自分を正当化しているというか、自分に落ち度はない。

 

という気持ちを含んでいるような気もする。

 

だからかな、私は相手のことを信じるとか思ったことがない。

 

人の心は固定されるわけではないし、雲のように流れるものだ。

 

風に流れて動いてしまった、消えてしまった雲に、どうしてそのままの形でそこにいないの?

 

信じてたのに、、、などと言う人はいない。

 

だけど人に対しては言っちゃうんだよね。

 

そんな私は、ある場面では、信じるという言葉ではなくて、もっと確実な言葉を使う。

 

誰もが知っている言葉

 

それは、「知っている」という言葉。

 

これは相手に期待する意味を含んでいないし疑いもない。

 

信じるには疑いの気持ちが含まれている。

 

本当に心の底から相手のことを信じているのであれば

 

「あなたのことを信じている。」

 

とは言わない。

 

信じたいきもち、相手への期待が含まれている。

 

それに比べて「知っている」は最強だ

 

例えば、「夫が浮気しないと信じている。」より「夫が浮気しない人だと知っている。」が断トツで最強。

 

信じている、は夫が浮気するのではないか、という不安があるけど、知っているには不安がない。

 

別の例えでは、子供がなにか問題を起こしたとき、「そんなことしない子だと信じているから」、というより「そんなことしない子だと知っている。」の方が最強だ。

 

信じている、はひょっとして、という気持ちがあるけど、知っていると言われると、親に100%信用されているという安心感がある。

 

知っているを活用

 

私はあなたが純粋な人だと知っている。

 

あなたが懸命に頑張ってきたことを知っている。

 

あなたが幸せな人だと知っている。

 

あなたが一人で涙を流したことを知っている。

 

あなたがパートナーと出会うことを知っている。

 

あなたが結婚することを知っている。

 

あなたが私のことを愛していると知っている。

 

「知っている」は色んなことに使える最強の言葉。