夢ソムリエ

引き寄せの法則を使った夢の叶え方、日々思ったことなどを書いています。お役に立てばうれしいです!

泣く勇気!感情は我慢せず表に出したほうがいい

f:id:yume-somurie:20161112002126j:plain

 

あなたはよく泣く人ですか?

  

最近泣いたのはいつですか?

 

昨日は、トランプはうれし泣き、ヒラリーは悔し涙を流したのかはわからないけど、私はよく泣く方です。

 

感謝や感動で泣くことがおおい。

 

大人になって泣くなんて、、、特に男性はそう思っている人がおおいのかもしれない。けど、涙はいらない心のガラクタも流してくれるいい仕事をしてくれるんだ。

 

泣ける勇気

 

人前で泣ける人ってへんなプライドももっていないし、優越感ももたないし素直。

 

人前で涙が出てきそうな時に我慢する人はプライドが高く、身構えているタイプ。

 

いつも我慢していたり、周りの顔色をうかがっているタイプだ。

 

嫌われない勇気というベストセラーがあるけど、泣ける勇気ももっていたいものだ。

 

人前で泣ける女優さん

 

以前、婚約破棄の記者会見で涙ひとつ見せることなく記者の質問に毅然とした態度で答えていた女優さんに対して、年配のベテラン俳優さんが、

 

「かわいくないね。彼女は泣くべきだったね。」

 

とコメントしたことがあった。

 

女性たちからは、毅然として素晴らしかったわ、と高評価だったけど、、、本当は泣きたいのに、プライドが高い女性で可愛げがないことを証明することになってしまった。

 

その女優さんとは対照的で、やたらと泣く女優さんがいる。

 

その女優は吉田羊さん。

 

仕事中に涙が出たことをヤバイと思うことも恥ずかしいと思うそぶりもなく、自然に涙が頬をつたわっている。

 

クールビューティーで人前で泣くイメージがなさそうだけど、あんなに自然に泣けるのは感受性が豊かだろうし、見栄や変なプライドがない女性なんだろうな、と見た目とギャップがちがうところも魅力となって人気があるのかもしれない。

 

泣き崩れた友人たち

 

私の周りでも泣く大人は結構いる方かもしれない。

 

私みたいにうれしかったり感動して泣くタイプや、意味もなく突然わーと涙が出てきたという人もいる。

 

一人はカフェで定員さんが対応してくれたときに涙があふれでて泣き崩れたそうで、突然のことで自分でもわからなかったとのこと。

 

後でどうして涙が出てきたのか考えてみた結果、今までのつらくて閉じ込めていたことが、カフェ定員さんのちょっとした親切な対応で優しくされたことでつまっていた想いが涙で出たのかもしれない、ということだった。

 

他にも、仕事中に突然ボロボロと涙が出てきて大泣きした知人もいる。

 

彼女も涙が出そうだとか、泣きたいと思いもしなかったのに、涙がいっきに出てきたとのこと。

 

その知人もつらいことを我慢していたらしく、それが涙で外へ出てきたようだった。

 

感情を出すことで離婚も防げる

 

熟年離婚とか聞くけど、最近では高橋ジョージさんとか。

 

突然妻に別れを告げられちゃうパターンの離婚。

 

夫は離婚するなんて100%思ってもいなかったけど、妻は何年も、人によっては数十年も前から離婚を考えていて、夫にもメッセージをおくっていた、なんて聞く。

 

だけど男性は単純だから、妻からのメッセ―ジには気がつかないってわけ。

 

それって、男性がいけない、みたいなイメージがあるけど、お互い様なんじゃないのかな?

 

妻の涙

 

かつて勤めていた職場の上司の出来事だけど、ある日、奥さんが突然わーーーーと泣き出してびっくりしたって仰っていた。

 

喧嘩もしていないし、悲しい出来事があったわけでもないのに、突然泣き出したからびっくりしたらしい。

 

妻に「どうしたの?」と話しかけたら、奥さんがポツポツと話し出したとか。

 

結婚して20年以上たっているけど、夫婦間でこんなに深く話し合ったのは初めてだったと言っていた。

 

奥さんは、さんざん泣いて、言いたいことも話して、夫にも聞いてもらい、お互いに思っていることを話し合えたのか、それからはより仲良くなったとのことだった。

 

夫である上司にこれといった問題があったわけではなかったようだけど、女性は日々の些細なことも我慢してそれを相手に伝えることなく蓄積してしまうクセがある。

 

我慢せず、自分の思っていることや感情は相手に伝えることは大切だ。

 

まとめ

 

泣く勇気をもとう。感情は我慢せず表に出すと、周囲からの印象も変わる。

 

人に涙を見せることは弱みを見せることではない。

 

感情を表に出すことで人間関係、とくに夫婦関係も良好になる。

 

哲学者のアウグスティヌスは、突然、悲しみがこみあげてきて涙が流れてきて子供のように大泣きをした。

 

その後、よろこびと安らぎを感じたといわれている。

 

大泣きしたことでインナーチャイルドが癒されたのだ。