夢ソムリエ

引き寄せの法則を使った夢の叶え方、日々思ったことなどを書いています。お役に立てばうれしいです!

一人100円以下で見つけた退職用のお菓子と見栄えを良くする方法

 

夢ソムリエです。

 

3月も最終週となり、あと数日で退職される方も多いと思います。

 

退職する時に、お世話になったお礼にと贈り物を配る風習がありますよね。

 

ばらまき菓子の一人あたりの相場は100円ですが、社員数が多いと数万円にもなってしまいます。

 

そこで、なるべく安く済ませたい!

 

とお菓子探しをされている方へ、私が実践しているお菓子の選び方を書いていきます。

 

 

一人100円以下の個包装のお菓子

 

100円以下で個包装のお菓子をばらまくことはできます。

個包装に商品名が印字されていないお菓子を使うのです。

 

100円以下ですので、一目でどこのお菓子かわかるものはなるべく避けます。

 

f:id:yume-somurie:20180328175428j:plain

 

これは、無印商品のお菓子です。

 

無印商品は誰もが知っていますし、印字がなくてもバレてしまうこともあります。

 

ですが、無印商品では、季節限定商品が登場する時があります。

 

いちごのジャムパイは人気商品ですし、一年中販売しているので、知名度も高いですが、限定商品であれば、無印の印字がないとどこの商品かはわかりません。

 

これはチョコがけパイ、一袋290円で14枚入りでしたので、なんと1人(1枚)20.7円という激安です。

 

f:id:yume-somurie:20180328175601j:plain

 

こちらは一袋8個入りで290円のマフィンなので、1人(1個)36.25円。

 

無印商品以外でも、限定商品を販売しているメーカーがありますので、探してみると見つかるものです。

 

一人100円以下のお菓子を見栄えよくしたい

 

f:id:yume-somurie:20180328180518j:plain

 

個包装に100均で買ったシールを貼ります。

 

シールには、

「お世話になりました!」

「ありがとうございました!」

などの言葉を手書きします。

 

退職の挨拶のとき、結構高価なお菓子を配る人もいますし、このような挨拶がお菓子自体や袋に印字されたものもあります。

 

ですが、手書きですと、印象がアップします。

 

心がこもっている、と受けとってもらえるのかもしれません。

 

確かに、100人分を手書きするのは大変ですが、隙間時間を利用して書いていけばそれほど大変なことではありません。

 

f:id:yume-somurie:20180328180601j:plain

 

シールはロフトなどでも販売していますが、100均に50枚入りであります。

 

しかも、シールは10種類も。

 

100均なのかロフトで買ったのかもまったくわかりませんので、100均なら1枚2円ですからシールも激安でOKとします。

 

ひとりひとりに配らなくて、部署などにボンッとまとめておく場合は、箱に入れます。

 

どのような箱に入っているかで、お菓子の見栄えは違ってきます。

 

高級菓子が高級そうな箱に入っているのは、お菓子が高級だから、だけの理由ではなくて、より高級に見せるためです。

 

ですので、先ほどの1人約20円のお菓子も、まとめて高級そうな箱に入れればちょっとグレードアップして見えます。

 

実際、私が実践してみたのですが、

「こんなに箱ごとたくさんいただいていいの?」

と言われました。

 

箱を利用する場合も、メーカーなどの印字がないものを利用します。

 

また、無印良品では、ラッピングコーナーがあります。

 

袋、シール、スタンプなどが自由に使えますのでとっても便利です。

 

f:id:yume-somurie:20180328171107j:plain

 

 

f:id:yume-somurie:20180328171154j:plain

 

 

f:id:yume-somurie:20180328171234j:plain

 

 

退職のお菓子の配り方

 

できればデスクへ出向いて一人ひとりに挨拶しながら配布しますが、出張や会議などで離席している場合は、お菓子だけ机の上においておきます。

 

その際、個包装のお菓子に「お世話になりました!〇〇 〇○」とシールを貼っておくと、顔を見て挨拶できなくても、紙で気持ちを伝えることができるので便利です。

 

最初の〇○には部署名、次に名前を書きます。

 

社員数が多くてシールを貼ることが大変であれば、顔を見て挨拶できなかった人の個包装のお菓子にだけシールを貼ります。

 

離席中、戻ってくると机の上にお菓子がポンとおいてある経験っておありだと思います。

 

その場合、同僚にいちいち「このお菓子、どなたから?」と聞くことになりますが、シールが貼ってあればその手間もとらせないですし、退職でからね、会えなくても挨拶できていた方がいいです。

 

こちらは、それほど親しくない人たちだけど挨拶もなしに退職するのも気が引ける、といった時に配布したチョコレート。

 

コーヒーやお茶を入れたり、お土産をおいたり、みんなが集まるコーナーへはひと口サイズのハーシーズのキスチョコなら誰でも自由にいつでも食べることができるので重宝します。

 

 

 

 

ハーシーズのキスチョコのミルクはどこのショップにもおいてありますが、アーモンドやクッキーなど違う種類を扱っているお店もあります。

 

外観も可愛いですし、数種類をまとめてお皿や箱の中に入れると華やかになります。

 

まとめ

 

転職回数が多く、その度にお世話になった挨拶としてお菓子を配ってきました。

 

その中でも、社員数が多いとお菓子代だけで〇万円になってしまい、もっと安い個包装のお菓子はないものか?と探した結果、今回のような方法を思いつきました。

 

めちゃくちゃお世話になって豪華なプレゼントをしたい場合は別として、なるべく安く済ませたい、でも、一目で「あ、あのお菓子ね。」とわかるものもちょっと、、、と思ったら、透明な個包装のお菓子を探したり、無印良品の期間限定を利用するのもありです。

 

探してみると、一人100円以下でおさまる個包装って意外にもあるものです。

 

個包装のお菓子にシールに一言添えてお渡しするだけでも気持ちが伝わるものです。

 

お世話になった人や心からお礼をしたい方には個別にプレゼントを用意すればいいので、その他大勢の社員の方には100円以下でも十分です。

 

ばらまきお菓子が豪華じゃなかったから「ケチな人だったね。」などと言われても、もうお会いすることもないですし、大切な方には別途プレゼントもするので、気にすることはありません。