夢ソムリエ

引き寄せの法則を使った夢の叶え方、日々思ったことなどを書いています。お役に立てばうれしいです!

入院には連帯保証人が2人も必要、いない場合はどうなる?

f:id:yume-somurie:20170613205345p:plain

 

数日前まで入院していたわけですが、
何度か入院経験がある私が驚いたことがありました。

 

それは、連帯保証人。

  

入院する時に必要な連帯保証人

 

数年前までは、確か保証人は1人のはずでした。

 

それが、今回は2人になっていました。

 

しかも、なるべくなら同居ではなくて
住所が違う人がいいと言われました。

 

住所が違う保証人を2人も用意しなければ
ならないなんて、ハードルが高いです。

 

私は母親と同居しているので、
保証人になってもらいましたが、

「できれば、違う住所の方がいいです。」

 

と言われたのです。

 

ですが、母以外に保証人になってくれる人はいません。

 

と思ったら、

 

「もう一人、連隊保証人が必要です。」

 

だなんて、びっくり。

 

結局、連帯保証人は母一人だけで、
入退院することができました。

 

母が数年前から通院している病院で、
担当医に名前を言えばわかるほどで、
さらに、その医師は院内でも結構高い地位にいらっしゃるので、
そのようないきさつで、無理にもう一人保証人を
たててくださいと言われなかったのかもしれません。

 

連帯保証人の役割

 

病院が連帯保証人を求めるのは、
入院した本人に支払能力がなかった場合、
その保証人が代わりに支払うことになりますので、
誰にでも頼めるってわけではないので困ります。

 

入院する時の保証金

 

入院する時は保証金を払います。

以前、数回入院した時には払いました。

 

その当時は、5万円くらいだったと思います。

 

ところが、今回は、10万円でした。

 

ですが、保証金については請求されなかったです。

 

病院によっては、連帯保証人をたてれば、
保証金は不要というところもあるようです。

 

ですが、事前に手術をすることが分かっている場合は、
支払うと思います。

 

以前、そうだったので。

 

退院後に、実際にかかった医療費と相殺され、
余った分は返金され、足りない場合は、
追加で支払います。

 

今回、私はCT、レントゲン、点滴、薬代等の3泊4日
の入院費は46,000円ほどでした。

 

病室の規模によっても
料金が変わるのですが、
私は個室だったわりには、
相場はわかりませんが、安かったようです。

 

最初は6人部屋でしたが、
翌日から2人部屋に移され、
結局1人だったので。

 

胃腸炎ということで、
トイレの一つが私専用になってしまい、
ちょっとした隔離状態でしたから。

 

連帯保証人がいなかった職場のおじ様

 

そう言えば、私が入院する1週間前くらいのこと。

 

職場で、こんな会話が聞こえてきました。

 

「入院することになったんだけど、
保証人がいなくて。
同僚のAさんに連絡して、
保証人になってもらったんだよ。」

 

「入院中もずっと面倒を見てくれて。
だから、Aさんは命の恩人。」

 

 

お話ししていたのは、
60代のおじ様。

 

Aさんは60代のおば様。

 

お二人は同僚で、
私もお顔は知っていましたが、
おじ様の家族構成などはまったく存知あげていなかったので、
お一人暮らしなのかも、とはじめて頭によぎりました。

 

おば様はご結婚されていて
お子様もいらっしゃる方です。

 

このおじ様が仰る通り、
保証人になってくれたAさんは
命の恩人ですね。

 

古くからの同僚だし、
信頼できる関係だから、
Aさんは保証人を引き受けられたのだと思います。

 

保証人は彼、彼女でもOK

 

以前、入院していたとき、
手術を控えていた同室の女性は、
親と縁を切ったので、保証人は
彼氏に頼んである、と言っていました。

 

保証人になってくれる
彼がいてよかったね、
なんて話していましたが、
手術前に一時退院して帰って来た時、


「彼氏とケンカしたので、保証人が
いなくなった!」

 

と困っていましたが、
その後病室が分かれてしまったため、
どうされのかはわかりません。

 

ですが、彼女が手術するのですから、
ちゃんと保証人になってくれたと思いたいです。

 

 

おひとりさまは健康第一

 

今は、独身者は多いし、
結婚して子供がいても、
1人とか2人とか少ないです。

 

そんな時代なのに、
住所が違う連帯保証人を二人も
たてるなんて厳しいです。

 

時代錯誤だと言いたいところですが、
収入も不安定な人が多いし、
そういう意味では厳しくなってきているのかもしれません。

 

私は独身ということもあり、
近くに親戚がいるわけでもないし、
ますます、健康でいなくては、
と思う気持ちが強くなりました。

 

友人に頼めべば?

 

という意見もあると思いますが、
その場合、もしその友人に
保証人を頼まれたら
快く引き受けるだけの器が
私に必要です。

 

保証人代行会社

 

連帯保証人って、
お金を借りる場合や
賃貸を契約する場合に必要なイメージがあります。

 

私は一人暮らしをしていた当時、
やはり母親に保証人になってもらいました。

 

その当時の友人の中には、
両親、親戚、兄弟がいない
人がいたのですが、
保証人になってくれる人がいないため、
保証人代行会社を利用していると言っていました。

ですが、家賃以外に費用がかかるので、
保証人がいる人に比べると割高になります。

 

おひとりさまはお気軽でいい、
なんてイメージがありますが、
お金もかかるし、リスクもあるんですよね。

 

まとめ

 

入院するには、
連帯保証人が2人必要。

 

しかも、できれば
ちがう住所が良いとのことでした。

 

救急車で運ばれた場合は、
治療が優先ですので、
保証人がいないからといって
断わられることはないそうです。

 

ですが、事前に手術する予定で
入院となる場合は、連帯保証人を
あらかじめ用意しておく必要があります。

 

もし、どうしても保証人がたてられない
場合は、病院へ相談することも可能です。

 

病院には、相談窓口がありますので、
それほど心配しなくてもいいかな、
とは思います。