読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢ソムリエ

引き寄せの法則を使った夢の叶え方、日々思ったことなどを書いています。お役に立てばうれしいです!

貯金は「何かの時のため」と貯めると「何か」が現実化する

f:id:yume-somurie:20160921221809j:plain

 

日本人は貯金好きだけれど、その1番の目的は「将来のため」だそうだ。

 

老後のためや何かあった時のためなのだと思うけど、貯金をする場合は、目標を持つべきである。

 

と経験者として語っておきたい。

 

 

目標金額よりも大切なのは目的

 

「貯金をするときは、目標金額を決めよう!」

 

と聞くが、それよりも大切なのは、

 

「使途を明確にする」

 

ことである。

 

ほとんどの人が、「なにかあったときのため」に貯金をしているようだが、その通り、ちゃんと何かが起こってその貯金は使われることになるのだ

 

その何か、が嬉しいことならいいけれど、ほとんどは嬉しくないことに使われる。

 

なにかあった時とは?

 

何かあったとき、ってどんな時だろうか!?

 

もし、楽しいことやうれしいことのために貯金を始めるのであれば、その時点でちゃんとした目標があるはずである。

 

例えば、

 

  • 結婚資金を貯める
  • 旅行資金を貯める
  • 買いたい物があるから貯める

 

など、その目的のために貯金をするはずだ。

 

それに対して、何かあったときのために、ってネガティブなイメージが浮かびませんか?

 

用心のために貯金をするような印象。

 

だからなのか、何かあったときに貯めておいたお金って、うれしくないことに消えていく。

 

治療費に消えた貯金

 

私の場合は、何かのためにということはもちろん、「この程度は貯金しておかないと」という目的がない状態でコツコツと貯金をしていた。

 

その貯金の仕方は涙ぐましい努力そのものだった。

 

数万円から10万円くらいまで貯まると、定額貯金に利回りが良くつくように小口にわけてたりしていた。
(今ではこの手法は使えなくなっているが。)

 

当時は、より金利がつくように、マネー雑誌で調べたりしていたのだ。

 

その数年後、私は病にかかり数百万円を医療費に使うことになった。

 

その後、社会復帰をしてまたコツコツと貯金をしなくっちゃ、とスタートをした矢先、またも病にかかり、それらの貯金は治療費や仕事ができない期間の生活費に消えた。

 

すべての貯金が治療費に消えてしまったのだ。

 

数十年かけて貯めたお金が、数回の治療費や生活費にあっというまに消えてしまった。

 

「貯金があってよかった」

 

と思うのと同時に、

 

「これだけのお金があったら旅行へもたくさんいけたし、残念だな、、、」

 

とも思った。

 

願いは叶う

 

だけど、私の貯金は、何かのあったときのためにちゃんと使われたのであった。

 

私たちが住むこの宇宙は、自分が願ったことをちゃんと叶えてくれるから、私の貯金もちゃんと願いを叶えられたというわけである。

 

まとめ

 

貯金をするときは、ちゃんとした目標をたてること。

 

ただし、病気をしたときのため、などとネガティブな目標にすると現実化してしまう。

 

誰でも、病気はしたくないし、治療費に使いたいと思って貯金をする人もいないはずである。

 

貯金をするときは、

 

  • ●●への旅行資金
  • ●●を買う為
  • 両親へ●●をプレゼントするため

 

など、実現したらうれしいことにする

 

また●●には具体的なことを入れた方がより実現しやすくなる

 

まだ若いのに、老後のためにと貯金をされる方もいるけれど、生活費や病院代のために心配だから貯金をするのではなくて、

 

老後も美味しいものを食べたり、
外出したり、
趣味をしたり、
友人たちとお喋りをしたり、
子供や孫たちと一緒に笑ったり

 

など、楽しい人生を過ごすために貯金をする目標をたてた方が、貯金をする時の気持ちも明るくなってくるし、なにより楽しい老後を過ごしたいものである。