夢ソムリエ

引き寄せの法則を使った夢の叶え方、日々思ったことなどを書いています。お役に立てばうれしいです!

モテるにも色々あるので的確にモテよう

f:id:yume-somurie:20160928212007p:plain

モテたい男女って意外にも多くてビックリ。

 

どうしてそんなにモテたいのだろう、と思ってしまうのは私だけだろうか。

 

だけど、モテるといっても、色々とある。

 

たんにモテてちやほやされたいのか、言い寄られたいのか、恋人がほしいのか、結婚相手をみつけたいのか、によって様々。

 

 

男性にモテたい女性たち

 

恋愛マニュアルとか婚活コンサルの人達の本を読んだり、ホームページを見ると、似たようなことばかり書いてある。

 

洋服、メイク、立ち振る舞い、会話術、持ち物、等々…。

 

時々、結婚を目指す女性たちが写っている写真が掲載されていることもあるけど、みんな同じに見えることがある。

 

一番強烈だったのは、みんな同じ髪型、同じ座り姿勢、似たような洋服だったこと。

 

まるでマトリックスのスミスのような現象だった。

 

どんな人にモテたいか

 

モテたいと言っても、多くの人にちやほやされたいのか、彼が欲しいから、結婚したいからモテたいと思うのか、人によってちがうようだ。

 

だとしたら、モテたいと言っても一括りにはできない。

 

そうなると、どんな人にモテたいのか、がポイントになる。

 

どんなモテ方が理想か

 

一番男性が寄ってくるのは、男性の本能をそそる装いをすることだけど、、、極端に露出するとか。

 

だけど、この状態はメスにたかるオスを呼ぶ行為だけのものである。

 

そのようなモテ方をしたいと思っている人も中にはいるみたいだけど…。

 

そこで、次のモテ方だけど、外見や雰囲気で男性が近寄ってくるパターンがある。

 

一見、モテているように思うけど、この場合、男性は女性の中身を見ていないことが多い。

 

外見が好みで、デートをして一緒に歩いたり、男女の関係が持ちたいたいために近寄ってくるパターン。

 

男性が近寄ってくる目的は前者も後者も同じ。

 

ちがうのは、前者は女性が露出しているけど、後者は個性が強くなく、大人しい雰囲気で、どちらかというとあか抜けていない女性が対象になることが多い。

 

ほとんどの人が憧れるのは、意中の人や理想の相手からモテることではないかな。

 

モテるけど理想の人にはモテない人

 

なぜか、自分の趣味じゃない人ばかりにモテる人がいる。

 

自分が求めている人と、自分自身に差があるのも理由の一つだ。

 

洗練された男性が好みなのに、一般的な大衆にモテる装いでいると、ギャップがあるので、自分が理想としている人にはウケないわけだ。

 

そのへんを勘違いして、恋愛マニュアルでこのような洋服や髪型がモテる、という情報を入手すると、それを信じて実践してしまいがちだけれど、自分が理想とする男性はどのような女性が好みなのか、もあわせて考えた方がいい。

 

女子アナファッション

 

男性にモテたいと思ったら、女性はスカートやワンピースで、パッと遠くから見ただけで女性だとわかるファッションをするわけだけど、その中でも、男性ウケする女性のお洋服は、コンサバ。

 

色味は白、ピンク、イエロー、などの淡い色。

 

ド派手な色や黒、茶色、大きな柄物は避けるべきだ。

 

お手本は、女子アナなのだとか。

 

確かに、女子アナは男性ウケしそう。

 

ニュース番組に女子アナが多用されるのはおじさまウケがいいから。

 

また、脚の部分が隠れていなくて、見えるようになっているのも男性ウケを狙っていると聞いたことがある。

 

野球選手へのインタビューや政治家などへのインタビューも若い女子アナを使っている。

 

首相の囲み会見に若い女性が多いのも納得。

 

女子アナのタイプは局によってちがう

 

だけど、どの局アナファッションを目指すかがポイントになる。

 

NHKと民間ではまったく違うから。

 

職場での上司、年配者ウケを狙うのであれば、上述した、個性がなく、大人しいイメージのあか抜けていないように装うタイプで、お手本はNHKアナ。

 

ユニクロなど手頃な洋服で調達も簡単にできそうだ。

 

お洒落だったり、イケメンなどにモテたかったら民間の女子アナタイプをお手本にする。

 

男性は女性に多くを求めない

 

モテる女性になるためのマニュアルには、いつも明るい、笑顔でいる、など内面についてのことやテクニックについても書かれていて、実際に使えるものもあるが、基本的に男性は女性に対して多くを求めていないものである。

 

極端な話、挨拶ができればいい、くらいに思っている男性もいる。

 

男性にとっては外見が一番大切で、多少性格が悪くても、男性は外見を選ぶものである。

 

サークル仲間や同じ職場であれば、人間性や性格にも惹かれて、ということもあるけれど、パーティーや出会い系などでは、中身まではわからないため、年齢と外見で選ぶ傾向が多い。

 

だから、女性は、モテたければ、とにかく外見を美しくしましょう、と言われるのである。

 

あ、美しくとは、整形をするとかではなくて、女性らしい雰囲気美人のことである。

 

まとめ

 

モテるといっても、一般的大衆にモテてちやほやされたいのか、理想の相手にモテたいのか、結婚したいからモテたいのか、と色々とある。

 

なので、まずはどのようなモテ方をしたいのか明確にすることである。

 

そして、それらの男性は、どのような女性が好みなのかを考える。

 

そうじゃないと、好みの異性からは好かれないのに、理想の人とはかけ離れたタイプばかりに好意をもたれてしまうから。

 

また、男性にモテたいのであれば、パンツではなくてスカート、ワンピースのような、見るからに女性らしいファッションをするのは鉄則。

 

そして、男性は女性の性格が多少良くなくても、外見が好みであればOKで、男性によっては、挨拶がちゃんとできる程度であればいい、という意見もある。

 

何かすごい特技を持っているとか、頭がいいとか、ほとんどの男性は女性にそのようなことには期待していないものだ。

 

それよりも、外見を一番重要視している。

 

けど、これは見た目が雰囲気美人、かわいい雰囲気であればいいわけである。

 

洋服、メイク、髪型とどのような雰囲気も作りだすことができる女性の特権をフル活用して、自分がモテたい人にモテてみよう。

関連記事

yume-somurie.hatenablog.com