読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢ソムリエ

夢を叶える方法~引き寄せの法則を使った夢の叶え方、ストレスを感じないライフスタイルを実践中。

ポジティブ思考になる簡単な方法

引き寄せの法則 ストレスを感じない生き方

f:id:yume-somurie:20170416150723p:plain
出典:pixbay

 

成功法則や引き寄せの法則では、
ポジティブ思考でいこう!

 

と書かれているのをよく見かけます。

 

ポジティブになろうとするほど
落ち込んで逆効果になることもあります。

 

そのような本を読んで、
努力して、ポジティブになれない自分に落ち込んではいませんか?

 

そんなあなたはまともです。

 

正常な人間なので安心してください。

 

ポジティブ思考になれる単純な方法

 

ポジティブになれない自分を責める必要はありません。

 

だって、現代人はネガティブの集団ですから。

 

え、知りませんでしたか?

 

「だって、めちゃくちゃポジティブな人がいますよね?」

 

と反論したくなる気持ちもわかります。

 

極まれにポジティブ思考が強い人もいますから。

 

でも、かなり少ないです。

 

私たちのほとんどはネガティブ思考ですから。

 

人間がネガティブ思考なわけ

 

私たちがネガティブ思考なのは、
ネガティブ思考の人間が生き残ってきたからです。

 

現代でも物騒な事件は起きていますが、
古代では、いつも危険と隣り合わせでした。

 

自分自身の身を守るため
子孫の身を守るために
いつも注意をはらって生活していました。

 

他の動物たちに襲われないように
物音や気配に注意をはらったり、
食べ物だって確実に手に入るのか不安な毎日。

 

古代人はマンモスと闘った勇者達?

 

太古の人々は、マンモスを
食べていたという説もありましたが、
現在では、マンモスの狩りはしていなかった説が有力です。

 

マンモスの狩りをして食べていた説は、
遺跡などから、マンモスの骨などが出てきたため
狩りをしたものだと思われたためだそうです。

 

はじめ人間ギャートルズという原始時代のアニメでは
父親が狩りにでかけてマンモスを仕留める
シーンが多く、食べ物はマンモスでした。

 

輪切りにしたマンモスのお肉がとても美味しそうでしたが、
どうやら違っていたようです。

 

実際、狩りをしたのはうさぎや馬などの
マンモスより体が小さな動物だったとか。

 

マンモスに立ち向かうのは勇者の肝試しのようなものだったようです。

 

本などで、毛皮をまとってマンモスに立ち向かう姿を見て
当時はマンモスを食べていたんだ。

 

などと私は思っていた時がありましたが、
冷静に考えると、お手製のヤリでマンモスに
大人の男性数人が立ち向かうなんてすごい光景です。

それに、当時のお手製のヤリが
マンモスの皮膚を突き抜けて
致命傷になるなんて思えないです。

 

彼らがマンモスの骨などを手に入れたのは、
死骸などから拾ってきたという説が有力です。

 

マンモスに立ち向かった人がいたとすれば
勇敢な人です。

 

命の危険にさらされる確率が高いのは勇敢な人でした。

 

この世の中は弱肉強食だと言いますが、
実際は、環境に適した生き方が生き延びます。

 

マンモスに立ち向かった勇敢な人よりも
心配性でネガティブ思考な人の方が生き延びる
確立は高かったのです。

 

ネガティブ思考の人たちが生き延び結果、
現代の私たちがいます。

 

つまり、私達の遺伝子には
ネガティブ思考が受け継がれているわけです。

 

だからネガティブ思考で当たり前なんです。

 

現代人の食生活は先人達のおかげ

 

現代の私たちは、スーパーやコンビニに行けば
食べ物が手に入ります。

 

毒味もしなくて安全です。

 

だけど、古代では、いつでも食べ物が
手に入るわけではありませんでした。

 

また、食べても安全なのかもわかりませんでした。

 

きのこには毒きのこがありますよね。

 

食べてもOKなきのこと
毒きのこがあることを見分けることができるのは
先人たちのおかげです。

 

今が旬のたけのこを最初に食べた人も勇者です。

 

現代人の食文化も勇者たちのおかげです。

 

ネガティブを知ることでポジティブになれる

 

私たちは生き残ったネガティブな
先祖たちの遺伝子を受け継いでいるわけです。

 

だからネガティブ思考になっても
「当たり前」ぐらいに思った方がいいのです。

 

逆に、当たり前だと思うことで
ポジティブになれます。

 

だって、「当たり前」だと思えば
落ち込むことはないですよね?

 

まとめ

 

引き寄せの法則や成功法則本を読んで
ポジティブ思考になれないからといって
落ち込むとネガティブ思考になります。

 

現代もそうですが、
古代では、いつも危険と隣り合わせでした。

 

いつも注意をして生きていたし
食べ物が手に入るのか不安でした。

 

また、勇者よりもネガティブ思考の人の方が
生き延びたので、現代人の遺伝子は後者を受け継いでいるのです。

 

私たちは元々ネガティブ思考なのだと
知ることで、ポジティブになれます。

 

元々ネガティブだとわかっていれば
落ち込まずに済むからです。

 

ポジティブになれない自分を責めないで
「ネガティブになるのは当たり前」
だと思うことで落ち込みません。

 

落ち込まずに目標に取り組むことで
ポジティブへと切り替わります。

 

ポジティブ思考へ焦点を合わせるよりも
人間は元々ネガティブ思考だと知るだけで
ポジティブ思考へと自然に切り替わるのです。

 

すごく単純ですが、
この法則に気がつくとストレスも減り
引き寄せも起こりやすくなります。